fbpx
  1. TOP
  2. 未分類
  3. 大学受験・塾・予備校のオススメ比較!2022年版のメリットとデメリット!

大学受験・塾・予備校のオススメ比較!2022年版のメリットとデメリット!

「目指す大学はあるけど、自分に合った予備校が分からない・・・」

「志望校に最適な塾や予備校を知りたい・・・」

「オンライン塾がいいのか、リアルな個別指導がいいのか・・・」

大学受験が近づいてくると、塾や予備校を選ぶのも難しいと思います。

コロナの影響でオンライン化が増えていて、大学の授業もオンラインが増えています。今後もオンラインで集中して学習できる対応力が必要になるでしょう。

いまでは多くの塾や予備校がありますし、ネットやSNSやブログなどで検索しても情報が多すぎて自分の欲しい情報が見つからないのが現状ではないでしょうか。環境、費用、立地など選ぶポイントも様々です。

そこでこの記事では、

・過去の合格実績
・講師や教材のクオリティ
・サポート対応の充実度
・費用面を含めた学習環境
・受講生の平均学力

などなど、この記事を読めばあなたの志望校に最適な塾や予備校を見つけられます。

はじめに

最初に、僕の個人的な意見から言わせてもらいます。

僕は個人的に、「いまの時代に大学に行く意味があるのか」と思っています。これは人によって考え方は違いますし、非常に判断が難しいところです。

中卒や高卒で大企業の社長になったり、年間で億を稼ぐ低学歴者もどんどん出てきていますし、僕は高卒ですがその辺のサラリーマンの何十倍も稼いでいます。いまの時代に学歴で判断されるような環境に飛び込んでも、人生で大きな成功はできないかもしれません。

ただ、もしあなたが「志望の大学でやりたいことがある」「学びたいことがある」というのなら、ぜひこの記事で次のステージに進むのための材料を見つけてください。

大学受験・塾・予備校のオススメ比較!

塾や予備校へ通い始めるタイミングは、その人の状況や環境によって全く異なります。

目指す大学のレベルから逆算して、本格的な勉強をスタートするタイミングを決めることになります。

高校3年生になってから塾や予備校をスタートする人の多くは、大学受験への対策のための勉強であることがほとんどです。

それではここからは、人気と実績を兼ね備えた予備校や塾のメリットとデメリットを紹介します。

河合塾

河合塾は、創設から80年以上も経つ老舗の予備校です。おそらくあなたも名前は聞いたことがあるはずです。

日本の三大予備校の一つでありながら、幅広い学力層の生徒を受けいれている門戸の広い予備校です。

河合塾では入試逆算型の「全統模試」という名前のオリジナルの模試テキストを作成していて、過去問を徹底的にリサーチして作られたハイクオリティなテキストが魅力です。実際に河合塾の講師たちが作成する分かりやすいテキストは、他の予備校の生徒からも強い人気があります。

河合塾ではこのオリジナルテキストを使って、過去に多くの難関校への合格者を出してきました。これらのカリキュラムで効果的に学習をできることが人気の理由です。

河合塾が人気の理由として、自習環境がキレイで勉強しやすいと好評ですし、リアルタイムで講義を受けたい生徒にも最適ですね。

ちなみに河合塾予備校の授業料は他校と比較しても高価です。14日間無料で利用できるキャンペーンをやっているので、まずは資料請求してみてることをオススメします。

駿台予備校

東大合格者が全国一位という名門予備校で有名なのが、こちらの駿台予備校です。

安定して毎年のように難関校への合格者を出し続ける秘密は何なのでしょうか。

駿台予備校は、現役高校生だけでなく浪人生や理系の学生も多く、中堅レベルの大学以上を目指す生徒が集まる傾向にあります。

駿台予備校では文系も理系もどちらも質の高いカリキュラムをしっかりと提供しており、中堅レベルから超難関大学、医学部を確実に合格したいと考える受験生にオススメです。

業界でも有名な講師たちや周りのハイレベルな学生たちから刺激を受けるので、モチベアップを目指す生徒にも最適です。

駿台ではコースや模試テストが充実していて、よくある集団学習だけでなく個別指導にも力も入れています。まさに「それぞれの生徒にカスタマイズされた授業」を提供しています。

メガスタ

メガスタを利用する学生の特徴としては、ほぼ全員、約99%の生徒が合格圏外からの合格だということです。

過去にも圏外からの大逆転で、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学などの難関大学に合格している生徒が多数います。

・オンライン指導の実績が日本一
・日本で最大級の合格実績がある
・トップレベルのプロ講師がマンツーマン直接指導

などの実績があります。

こちらのメガスタは、日本トップレベルの講師たちが生徒とマンツーマンで直接指導をするので、無駄がなく最短で効率よく学力アップが見込めます。

また、メガスタでは対面のリアル指導だけでなく、オンライン家庭教師の勉強法も行っているため、あなたが日本全国どこに住んでいてもプロ講師の直接指導が受けられます。これもメガスタの大きな特徴です。

アガルート

株式会社アガルートでは、オンライン授業をメインにして、司法試験をはじめとした難関資格対策の勉強環境を提供しています。

日本で最高峰のオンライン予備校と言っても過言ではないでしょう。

予備試験や司法試験に圧倒的に強い、オンライン通信予備校『アガルートアカデミー』

「お客様が本当に必要としていること」理念にして、過去に前例のない新しい価値とビジネスを提供しています。

なんといってもオンラインがメインなので、予備校への往復時間が短縮されますから、受験勉強にかかる余計な時間を最小限できます。

必要なものを必要なだけ学習できる環境と授業設計が用意されていて、あなたの学習に最適になるはずです。

坪田塾

坪田塾は、大ベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の著書である、坪田先生が塾長を務める指導塾です。

そんな「ビリギャル」で有名な坪田塾は、生徒と講師が1対1になる完全個別指導塾になります。

他の予備校と大きく異なる点としては、心理学を使った科学的な指導をしていて、大学受験だけでなく「人生まで応援する」ことを理念としてます。

自分から積極的に勉強する力だったり、苦手な課題を自分で見つけて克服していく力など、あなたの将来に役立つ力を手に入れたい生徒にオススメです。

自分の学力に劣等感を持っていたり、自分が落ちこぼれと思っていたり、あるいは不登校だった生徒も積極的に受け入れていたりと、珍しい個別指導塾でもあり門戸は他よりも圧倒的に広いです。

集団授業ではなく個別指導塾なので、不明点や分からないところをすぐに解決したい生徒にも最適です。

大学受験塾・予備校に通うメリットとデメリット

ではここからは、大学受験塾・予備校に通うメリットデメリットについて簡単にお伝えします。

そもそも塾や予備校というのは、多くの受験情報を持っています。

それだけではなく、現代の大学受験の仕組みというのは、毎年のように複雑になっています。

いくらネットで情報が手に入るとはいえ、自分の志望校について独学でリサーチするのも限界があります。

しかし、予備校や塾の講師たちは、これまでの経験と実績で受験対策の味方になってくれます。

学校の教師と比較しても、塾や予備校の講師たちは専門的な知識があるので、あなたに有益なアドバイスをしてくれます。

ただし、デメリットもあります。それはやはり費用面です。

塾や予備校に通うとなると、年間で平均10万円以上の費用が必要です。

最初に入会金が必要になりますし、その後の授業料や交通費、その他の諸経費を含めるとそれなりの費用がかかることは理解しておきましょう。

まとめ

大学を受験するあなたが注意しておくべきポイント、塾と予備校のメリットとデメリット、オススメの塾や予備校について紹介しました。

冒頭でもお伝えしましたが、いまの時代に大学に行く意味がどれだけあるのかは判断が難しいところです。中卒や高卒で大企業の社長になったり、年間で億を稼ぐ低学歴者もどんどん出てきていますし、学歴で判断されるような環境では人生で大きな成功はできないかもしれません。

本当に大学に行く必要があるかどうかは、あなたがしっかりと考えて行動してください。

大学受験というのは、人生において大きな大きなイベントです。間違った塾や予備校を選んで後悔しないようにこの記事を参考にして、あなたの最適な選択をしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

しゅう

しゅう

■1980年生まれ
■愛知出身、いま東京
■WEBライター、著者
■今を全力で楽しむ
■フォーカスして動く
■行動力で未来を変える
■健康、フットサル、お寿司、読書、麻雀

その他の関連記事もどうぞ

  • もしかして「いい恰好しい」のために即レスしてませんか?

  • いくつになっても年齢を言い訳にしない

  • あなたの時間を奪うような人と一緒にいるべきではありません

  • せっかく「曜日」という概念をもっと利用してみませんか?

  • あの天才アインシュタインが好んで利用していた脳波とは?

  • なぜ、タクシー運転手に目的地を伝える必要があるのか